耳鼻咽喉科

  1. Home
  2. 診療案内
  3. 耳鼻咽喉科のページ
  4. 耳の症状

耳の症状

耳が痛い/聞こえがわるい/耳鳴りがする/声が耳でひびく
耳がつまった感じがする/耳だれが出る
テレビの音が大きくなった/めまい/ふらつきがある

よくある耳の病気


急性中耳炎


主に肺炎球菌やインフルエンザ菌などの細菌(=原因菌)が中耳に感染し、耳の痛み、難聴、耳の塞がり感、耳だれ(=耳漏)などの症状が見られます。 ほとんどの場合、鼻の奥と中耳をつなぐ「耳管」を通って原因菌が中耳に入ってきて、急性の炎症を起こします。 特に子どもの耳管は、大人に比べて太くで短く、角度が水平に近いため、原因菌が中耳に入りやすい構造になっています。 風邪などで上気道に原因菌があると、急性中耳炎になりやすと言えます。 また、飛行機内で急激な気圧の変化を受けた時にも中耳炎になることがあります(→航空性中耳炎)。 おおむね、6歳前後までが中耳炎の好発年齢ですが、大人の方でも急性中耳炎になることがありますので、風邪のあとに耳の症状がある場合は注意が必要です。



滲出性中耳炎


中耳腔に貯留液がある中耳炎のことで、それにより難聴、耳閉塞感、耳鳴りや自分の声が響く(=自声強調と言います)などの症状が見られます。 耳管の役割である「鼓膜の内側(=中耳)と外側(=外耳)の気圧を同じ圧に保つ働き」が悪くなった時に起こります。 耳管の働きが悪くなる原因としては、1)急性中耳炎で中耳腔側の換気口が腫れて狭くなったり、2)アデノイド肥大などの影響で、鼻の奥(=上咽頭)側の換気口が狭くなったり、3)加齢変化により耳管の働き自体が下がったりすることが考えられます。 この中耳炎は、おおむね6歳くらいまでの子どもと高齢者に多い病気です。 子どもの場合、「痛み」を伴わないことから、自発的に症状を訴えないことも多く、発見が遅れがちですので、少しでも疑わしければ(→呼び掛けに反応が悪かったり、テレビ、ゲームなどの音量が大きいなど)、積極的に耳鼻咽喉科を受診して、診察や検査を受けることをお勧めします。



慢性中耳炎


繰り返し、あるいは継続して耳漏、難聴を伴う中耳(粘膜)の慢性炎症のことです(耳の周囲の骨の炎症も伴います)。 主に1)慢性単純性中耳炎と2)真珠腫性中耳炎の2種類に分類されます。

1)慢性単純性中耳炎は、鼓膜の緊張部に穴(=穿孔と言います)を伴うもので、原因菌が穿孔から中耳腔へ入ることで、耳漏や(鼓膜穿孔による)難聴が見られます。

2)真珠腫性中耳炎は、おもに鼓膜の上方(=弛緩部)より外耳道の皮膚が鼓膜の一部とともに中耳腔に入り込み、そこへ角化物(=真珠腫)が溜まり、中耳腔や周囲の骨を溶かすため、感音難聴(=耳の神経の障害で起こる難聴)やめまい、顔面神経麻痺、髄膜炎などを起こす可能性があり、中耳炎の中では、非常に危険なタイプです。

【検査】

視診による鼓膜所見や画像検査(=レントゲンやCT検査:当院では必要時、すぐに検査が可能です)、聴力検査(+必要に応じてパッチテスト)でおおよそ診断が可能です。

【治療】

1)耳は「乾いた状態」がベストな環境ですので局所感染、炎症に対する治療(=内服や点耳薬の使用)や局所処置(→程度により、通院頻度が変わります)を行います。

2)回復が可能な聴力機能を改善するには「手術」が必要になります。局所の感染や炎症が落ち着くことが前提ですが、これらを改善するために手術を行うこともあります。 外来で対応可能な手術もございますが、必要があれば提携する高次医療機関へ適切にご紹介させて頂きます。



突発性難聴


明らかな原因が無いのに、あるとき突然に聞こえなくなる(あるいは聞こえにくくなる)病気です。症状は(ほとんどが片側の)感音性難聴、耳の塞がり感、耳鳴りなどです。 感音性難聴とは、耳の中で「内耳〜脳(=聴覚皮質)」に問題があって起こる難聴のことです(「外耳〜中耳」が障害されて起きる難聴を「伝音性難聴」、伝音性難聴と感音性難聴の両方が混ざっている難聴を「混合性難聴」といいます)。 原因はハッキリしませんが、背景としてウイルス感染や内耳の循環障害が関与しているという説があります。 また、ストレスや睡眠不足、感冒などが引き金になる傾向もあるようです。

【検査】

視診による鼓膜所見で目立った異常を認めないこと、聞こえの検査にて(元々あったものではない、新たな)「感音性難聴」が見られること、画像検査(レントゲンなど)で難聴の原因となる所見がハッキリと認められないことなどで、診断します(稀ですが「聴神経(=第VIII脳神経)」に腫瘍が出来て、似たような症状が見られる場合があり、(内耳道の)MRI検査で腫瘍があるか?否か?判断が望まれます)。

【治療】

いかに早く「治療」を始められるか?が重要です。早ければ早いほど望ましく、発症から2週間以上経過すると治療成績が悪くなります。1ヵ月以上経過したケースでは回復の難しいケースが多いようです。 また、早く治療を始めても、必ず完治するとは限りません。 現在「突発性難聴」用の診療ガイドラインは無く、特効薬と言い切れる薬はありませんが、一般的には副腎皮質ステロイド、血管拡張剤、ビタミン剤、利尿剤などが(内服または点滴で)使用されます。また、内耳の血流を良くする処置(→血管を広げるために「首(=頸部)」に麻酔薬を注射する)、高濃度の酸素を吸入して内耳の働きを良くする治療などを行うこともあります。 予後は、ケースにより若干異なりますが、1/3が完治、1/3が変わらず、残りの1/3が若干の改善と言われています。 難聴が高度なケース、めまいを伴うケース、ご高齢の方は治療効果が期待しにくい傾向にあるようです。 心配な方は早めに耳鼻咽喉科を受診し、検査を受けるよう、お勧めします。



めまい


 めまいとは、医学的には「一般的には自分自身か又は周囲が動いていないのにも関わらず、動いているような違和感、誤った運動感覚を感じること」と定義されます。分かりにくいですが、具体的にはグルグル回る感じや、ふわふわ又はゆらゆらする感じなどと訴える方が多いです。 めまいの起こるメカニズムについて簡単に解説しますと、人は自分の置かれている位置、周囲の状況を眼や耳(内耳)、四肢の関節などで感知して、その情報を脳に集約し、瞬時に処理(=統合)して、躯体のバランスを調節しています。 ですから、様々な原因(=病気による影響)で、これらのセンサーや処理過程で不具合が起きると、めまい(=平衡障害)が起こります。

めまいは、「自覚症状」別に、次の3つに分けることが出来ます

1)グルグル回るめまい 「回転性めまい」と言われるもので、多くは「内耳性」と言われていますが、高齢者や基礎疾患(高血圧、糖尿病など)のある方などでは、脳の病気で起こるケースもありますので、注意が必要です。 代表的な病気は良性発作性頭位めまい症、メニエール病、前庭神経炎などです。

2)フラフラ感、地に足がつかない感じのめまい 「非回転性めまい」、「浮動性めまい」と言われるもので、原因が「中枢性」にあることが多いと言われています。脳を栄養している血管(→椎骨・脳底動脈)の血流が悪くなると起きることが多く、脳出血、脳梗塞などが隠れている場合もあり、注意が必要です。 また、血圧は高くても(=高血圧)、低くても(=起立性低血圧、立ちくらみ)も脳への血流障害が起きやすくなり、めまいの起きる可能性があります。 代表的な病気は、椎骨脳底動脈循環不全症、脳出血、脳梗塞、脳腫瘍、高血圧、起立性低血圧などです。

3)1)と2)のどちらにも該当しないめまい 医学的に上記の1)や2)の「めまい」を起こす病気や病態が無いか、可能性が極めて低いもので、めまいに関わる検査をしても異常所見が見られず、病態としては「めまい感」とされるものです。 過度のストレス、過労、睡眠不足などが引き金になることが多く、否定的に物事を考える人に多い傾向が見られます。 代表的な病気は、自律神経失調症などです。

【検査】

めまい検査を行い、めまいの原因が「どこ」にあるかを判断します。 ハッキリと場所(=病気)を特定できないこともありますが、治療方針(上記の1)〜3)のどれに該当するか?)は決められることが多いです。 また、内耳は「バランス(平衡)」と「聞こえ(聴覚)」の2つのセンサーで構成され、同じ血管(=内耳動脈)で栄養されていることから、難聴や耳の塞がり感の自覚が無くても、(特に初診時は)「聞こえの検査(=聴力検査)」を必ず行います。難聴の自覚が無い!と自信を持っておられる方でも、聴力検査を行うと一部の周波数の聴力が下がっていることが見られます。治療方針(=使用する薬)も変わってきますので、必要な検査です。 更に画像検査(=レントゲンやCTなど)を行い、「耳」の構造に異常は無いか?外から見えないところ(中耳腔〜内耳〜脳)に病変は無いか?確認します。 当院では、必要であれば、すぐにレントゲン、CT検査を行うことが出来ますので、迅速な対応が可能です。

【治療】

めまいの「原因(=病気)」が「危険なタイプ」(=脳や心臓など「命」に関わる可能性がある病気)なのか?違うのか?が非常に大事です。 検査などで、「脳」の病気が強く疑われる場合は、すぐに脳神経外科や神経内科での精査・加療が必要です。 また、脳に限定せず、体の循環障害(高血圧、起立性低血圧、不整脈)が原因と思われる場合は、循環器科など内科での精査・対応が望まれます。 これらが否定され、「耳」が主な原因と判断されると、耳鼻咽喉科で治療していくことになります。 治療は薬物(内服・点滴)による治療、運動療法(=前庭機能訓練)などが代表的なものです。 めまい検査をしても、一つの病気に特定できないことは珍しくありません。薬を選択する上で、めまいが起きている「(予想される)原因」がある程度分れば、それに効果が期待できる薬を処方して経過を見ることになります。 頭や体を少し動かしても、めまいがひどい状態を「めまい発作」と言います。この状態では嘔気、嘔吐を伴っていることが多く、飲み薬による治療が困難な場合は静注、点滴による治療や入院加療になることがあります。 めまいの引き金に、不眠やひどいストレスなどの関連性が高い場合は、精神神経科、心療内科での診察・治療が必要になることもあります。 「めまい」かな?と思われましたら、まずは自己判断せず、耳鼻咽喉科を受診してみて下さい。


所在地・ご連絡先

医療法人社団めぐみ会
多摩ガーデンクリニック

〒206-0033
東京都多摩市落合1-35 ライオンズプラザ多摩センター3階

地図・アクセスへ

TEL:042-357-3671(代表)
TEL:042-357-0501(小児科専用)

GoogleMapへ