予防接種 vaccine

  1. Home
  2. インフルエンザ予防接種

インフルエンザ予防接種 influenza

接種開始予定日は10/7(月)からです(10/15から早まりました)

 

当院では、インフルエンザ予防接種のご予約を承っております。生後6ヶ月から接種可能になりました。

また、今年度もインフルエンザ予防接種の専用枠も設けておりますのでそちらもご利用ください。 (平日診療時間内もご予約承っております)

※WEB予約は、接種3日前までにご予約をお願いいたします。

※完全予約制です。20分前にご来院ください。

◆インフルエンザワクチン専用日時◆

インフルエンザ予防接種専用枠を設けました。
インフルエンザ単独接種のみの方専用の枠になります。

 

専用枠は、10/19~12/21の毎週土曜日午後のみ(14:00~)予定です。

専用枠の受付・接種は小児科診察側スペースで行います。

●担当医の指定は行っておりません。

●こちらの枠では一般の診療はいたしません。予めご了承ください。

●インフルエンザ専用枠のため、他のワクチン予約は承っておりせん。

●予約時間毎に複数名のご予約を承っております。当日は受け付け順となりますので、受付からお会計までお待たせすることご了承ください。

●当日、風邪症状等がある場合は接種日時をご変更ください。

 

※日程、時間のご確認につきましてはお電話にてお問い合わせください。

 

予防接種を受ける前に

◆お持ち物

母子手帳・保険証・医療証・予診票(事前にお持ちの方)

※母子手帳は、必ずご持参ください。

無い場合は接種できません。

 

※予診票につきましては、事前に受付にてお渡しすることも可能です。

 以下よりダウンロードすることもできますので、ご利用ください。


  • インフルエンザ
    予防接種

    予診票はこちら

◆注意

・検温はクリニックにてお願いします。

・当日、風邪症状等がある場合は接種日時をご変更ください。

◆ワクチンのご案内

ワクチン
注射型の不活化ワクチン
接種価格

1 回目 3,950円(本体3,591 円)
2 回目 2,540 円(本体2,310 円)

※13 歳以上の方は2 回目3,950 円(本体3,591 円)

※13歳以上の方の接種は、原則1回接種が推奨されています。 (医師が特に2回接種が必要と認めた場合は除く)。
→厚生労働省HP「インフルエンザQ&A」へ

対象年齢
6ヶ月以上
投与方法
注射
成 分
4価(A型2株、B型2株)
接種回数
※12歳以下の方は2~4週間位の間隔で2回接種。
接種後他ワクチンとの接種間隔
不活化ワクチンなので、1週間以上あければ他のワクチン接種可能です。
妊娠・授乳中の接種

【妊娠中の方】妊娠12週以降から接種可能ですが、詳しくは、おかかりの産婦人科もしくは当院の医師へご相談ください。

【授乳中の方】接種可能ですが、こちらも医師にご相談ください。

感染症後の接種間隔

感染症にかかった場合は、免疫状態の回復を待って接種して頂くため、

一定期間予防接種が受けられません。主な疾病と治癒簿の間隔の目安は以下の通りです。

 

【●】→熱系:解熱後の間隔

【□】→発疹系:発疹が消えてからの間隔

 

 ●熱痙攣 → 2ヶ月(担当医との相談の上短縮可能な場合もありますのでお問い合わせください)


 □麻疹 □風疹 □水痘 ・おたふく □突発性発疹 → 4週間

 □手足口病 ・りんご病 ・インフルエンザ ●ヘルパンギーナ ・RSウィルス → 1週間


 ・溶連菌 → 1週間~2週間


 

その他

・小学1年生以上の方は内科(田村クリニック)でも接種可能です。

・接種期間:10月~12月→11月下旬までの2回接種完了をお勧めします。

・保護者の方の接種について→お子様と一緒であれば接種可能です。

・授乳中の方は、当院で接種可能です。
・接種当日は激しい運動(水泳、サッカーなど)はさけて下さい。
・接種後、
登校は可能です。登園は園へご相談ください。

ワクチンの接種後どれくらいの期間で効果がつきますか?また持続期間は?
予防接種を受けてからインフルエンザに対する抵抗力がつくまでに約4週間程度かかります。また、その効果が持続する期間は約4~5ヶ月間とされています。 毎年インフルエンザが流行する前の11月前半までには接種を受けておくことをお勧め致します。

毎年うける必要はありますか?
インフルエンザウイルスは毎年少しずつ性質を変化させて流行します。 この変異に対応するためにはやはり毎年接種することが必要となります。 また、接種後にできた抗体はだんだんと体の中で少なくなっていきますので(持続期間は約4~5ヵ月)、 その意味でも接種が必要になります。

卵アレルギーのある場合は予防接種はうてないのでしょうか?
インフルエンザワクチンは鶏卵の組織を培養して生成されます。 近年は精製がなされており、その成分はほとんど残っていませんが、 卵を食べるとアレルギー反応が出る方やアナフィラキシーショックを 起こしたことがある方は、事前にご相談ください。

インフルエンザの予防接種は何回受ければよいのですか?
12歳までは2~4週間隔で2回接種する必要があります。 13歳以上の方でも十分な免疫力のために2回接種をお勧めする場合がございます。

*ご不明な点がありましたら、医師・スタッフにご相談ください。

所在地・ご連絡先

医療法人社団めぐみ会
多摩ガーデンクリニック

〒206-0033
東京都多摩市落合1-35 ライオンズプラザ多摩センター3階

地図・アクセスへ

TEL:042-357-3671(代表)
TEL:042-357-0501(小児科専用)

GoogleMapへ