1. Home
  2. ★現在地★

 

アレルギー性鼻炎レーザー治療


耳鼻咽喉科 菊地 仁

●レーザー手術は事前に医師による事前診察・検査(手術適応判断のため)を受けて頂く必要があります。医師の判断で手術ができない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

※完全予約制のため、受診・相談希望の際は、お電話または窓口でご予約ください。

 

 アレルギー性鼻炎の治療で、薬をあまり使いたくない方、薬の副作用が出やすい方は、外来でレーザーによる鼻粘膜焼灼術の選択もあります。比較的短時間(焼灼時間は両側で10分程度) の手術で、手術後の日常生活への影響も少なく、手術中・手術後の痛みや出血もかなり少ないです。手術後の効果の予測や、手術が受けられるかの判断には事前の診察・検査が必要になります。御希望の方は、お気軽に御相談下さい。 鼻粘膜の腫れが強かったり、鼻腔がかなり狭い場合は、鼻の通りを根本的に治す手術(要入院)が必要になります。

 

アレルギー性鼻炎レーザー治療の手順

①レーザー治療をご希望・ご検討の際は、まずは一度、当院で診察を受けて頂きます。

 症状や鼻腔の確認、術前検査(採血検査)を行い手術適応の判断を行います。

 

②上記の事前診断で手術適応と判断できたら、手術日程を決定します。

 ※当院での手術日は火・金曜日の午前10:30です。

 

③手術前日~当日

  • 鼻毛が長い方は、あらかじめ短く切ってご来院ください。
  • 満腹状態で手術を受けると嘔吐をしてしまう可能性があるため、当日の朝食は軽めにしてください。

 

④手術

  • 術前に鼻の局所麻酔を行います(スプレー麻酔の後、麻酔液のついたガーゼを入れます)。
  • レーザーの器具を鼻腔内に入れ、粘膜をレーザーで焼きます(両鼻合わせて10分程度)。
  • 術前麻酔と手術を合わせて30分程で終了します。

 

⑤術後の注意点

  • 術後当日は激しい運動は避けてください(散歩程度は可)。
  • 術後当日は食事は刺激物は避け、禁酒してください。
  • 術後当日は入浴せず、シャワーのみとしてください。翌日以降は長湯を避けてください。
  • 鼻の粘膜に【かさぶた】ができますが、無理に取らないでください。
  • 鼻をかむときは、強くかまないでください。

 

⑥術後の経過観察

術後は1週間毎に手術創の状態を見る必要があるため、定期的に受診して頂く必要があります。多少の個人差はありますが、概ね1カ月程度は定期的に受診して頂く事となりますので、ご自身のスケジュールが取りやすい時期に手術をお受け頂く事をおすすめ致します。

 

 

所在地・ご連絡先

医療法人社団めぐみ会
多摩ガーデンクリニック

〒206-0033
東京都多摩市落合1-35 ライオンズプラザ多摩センター3階

地図・アクセスへ

TEL:042-357-3671(代表)
TEL:042-357-0501(小児科専用)

GoogleMapへ