医師紹介

  1. 多摩ガーデンクリニック
  2. 医師紹介

 

【皮膚科】 武藤美香 梶山理嘉 髙谷一 牧野孝文

【小児科】 鈴木一徳 髙橋有紀子 山本智恵子 池田憲二 土屋裕行

【耳鼻咽喉科】 菊地仁

【漢方内科】 稲木一元

●皮膚科医


【院長】武藤 美香(むとう みか)

◆診療科:皮膚科
・日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
・日本アレルギー学会認定アレルギー専門医
・ICD制度協議会認定インフェクション・コントロールドクター
・日本小児感染症学会会員
・日本カウンセラー学院認定メンタルサポーター生涯学習2級インストラクター(傾聴)

東京都多摩市出身。
信州大学医学部卒業後、同大学病院や関連病院(市立岡谷病院な ど)に勤務し、皮膚疾患全般と皮膚腫瘍の臨床経験を約9年間積む。 自身が乳児期にアトピー性皮膚炎を発症、中学の時に重症化して週に数回の皮膚科外来通院する中で皮膚科医を目指すようになる。副腎皮質ステロイド内服歴もあり。自身の経験を生かし、患者さんの心の支えにもなれるような皮膚科医を志し、2007年4月より当クリニックに勤務。

日本皮膚科学会認定皮膚科専門医。日本アレルギー学会認定アレルギー専門医。ICD制度協議会認定 インフェクション・コントロールドクター。日本小児感染症学会会員。日本カウンセラー学院認定メンタルサポーター。生涯学習2級インストラクター(傾聴)。

当クリニックは小児科併設のため、乳幼児・小児の患者様も多く、ご家族で通院される顔なじみの患者様も増え、診療所の醍醐味を日々感じながら診療しております。乳幼児~小児期の皮膚は健常に見えていても乾燥しやすく、皮膚のトラブルを起こしやすい状態にあります。そのため、毎日のスキンケア(洗浄、保湿、紫外線防御など)は大変に重要です。脂腺などが発達してくる思春期までは、最低でも入浴後に保湿をしていただけるようにアドバイスしています。もちろん、成人のアレルギー体質、乾燥しやすい肌質の方にも適切なスキンケアは重要で、皮膚炎・湿疹の発症や悪化を予防できると考えています。 どんな皮膚疾患にも対応しますので、お気軽にご相談ください。

梶山 理嘉(かじやま りか)

◆診療科:皮膚科
・日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
東京都出身。
山形大学医学部卒業後、同大学皮膚科学教室にて皮膚科学全般の研修を受け、山形県内の病院で皮膚科外来勤務にあたる。その後、東京に戻り、順天堂大学医学部皮膚科学教室に籍を置きながら、都内の病院、クリニックなどで臨床経験を積む。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医。外来では、薬による治療はもちろんのこと、患者様の生活環境なども伺いながら、日常生活におけるアドバイスも行っております。皮膚という最も身近な器官について、意外に見過ごされていることが多いものです。わずかな生活環境の変化や体調不良を改善するだけで、皮膚病がよくなってしまうこともしばしばです。  あらゆる皮膚のトラブルに対処いたします。なんでも遠慮なくご相談ください。

髙谷 一(たかや はじめ)

◆診療科:皮膚科
・日本皮膚科学会
帝京大学医学部付属溝の口病院皮膚科にて研修後、白岡中央総合病院・西東京警察病院などで勤務。皮膚科に限らず、病院やクリニックに受診される患者さんには何かしら体に「困ったこと」があって受診されますが、この「困ったこと」は同じ病気の患者さんでもひとりひとり違います。こうしたひとりひとりの違いに対応するため、できるだけ丁寧な診察を心がけております。どんなことでも遠慮なく相談してください。そして、「困ったこと」が解消したときの患者さんの喜ぶ顔を見るのが、何よりの喜びです。

牧野 孝文(まきの たかふみ)

◆診療科:皮膚科
・医学博士
・日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
広島大学医学部卒業後、鳥取大学病院皮膚科での研修、勤務を経て、診療所で一般皮膚科診療に従事。皮膚は、外界からの様々な刺激から私たちを守るバリアの役割を担っています。慢性に経過する皮膚疾患の多くは、掻破癖や誤ったスキンケア、化粧品や装飾品の不適切な使用、乾燥、紫外線などの外的な要因のほか、食事、睡眠といった生活リズムの乱れや心理状態など様々な要因が関与して発症したり、悪化したりしています。患者さんの生活習慣に十分配慮した上で、薬物治療と並行して、適切な生活指導を行い、悪化因子の除去や軽減に努めていきたいと考えております。

 

●小児科医


鈴木 一徳(すずき かずのり)

◆診療科:小児科
・日本小児科学会小児科専門医
◆診療科 : 小児科 ◆資 格 : 日本小児科学会小児科専門医 多摩ガーデンクリニック小児科の診療を担当させて頂いております。普段は双子の父です。小児科医としてこれまで特に専門に偏らず、新生児~小児疾患を幅広く診療させて頂いてきました。その数々の出会いを経験してきた中で大切にしていることは、「その人にわかりやすく伝える」ということです。診察や薬、治療、対処法などについて、親御さん、お子さんにもできるだけ理解して頂き、共に前向きに取り組めるよう手助けができればと考えております。小児科医として、また一人のいいおっさんとして、皆さんの良き相談相手となれれば幸いです。宜しくお願い致します。

髙橋 有紀子(たかはし ゆきこ)

◆診療科:小児科
・日本小児科学会認定小児科専門医
・国際ラクテーション・コンサルタント
もともと新生児科医・小児科医です。「育つ」というのは小児科外来の最大の特徴で、かつ最大の喜びの1つです。成長の過程には心身にアンバランスを生じることもありますが、それも含めて丸ごとお付き合いさせていただきます。 最近は「育つ」の延長線上で内科分野も診せていただいています。 患者さまやご家族とケアサポートチームでつくる輪の一員に加えて戴ければ幸いです。 新生児・小児科一般・発達支援・母乳育児支援・一般内科・在宅ケアなどに関わっていきますので、どうぞよろしくお願い致します。

山本 智恵子(やまもと ちえこ)

◆診療科:小児科
・日本小児科学会小児科専門医

池田 憲二(いけだ けんじ)

◆診療科:小児科
・日本小児科学会小児科専門医
・日本アレルギー学会認定アレルギー専門医
皆さんこんにちは。池田憲二と申します。福岡県出身で、三重大学医学部卒業です。 縁ありこちらで勤務することになりました。 毎週木曜日のみの担当ですが、宜しくお願いします。

 

土屋 裕行 (つちや ひろゆき)

◆診療科:小児科
・日本小児科学会認定小児科専門医
・日本周産期・新生児医学会評議員
千葉県市川市出身。慶應義塾大学医学部卒業後、慶應義塾大学医学部小児科学教室に入局。横須賀共済病院、都立台東病院、都立大塚病院NICU、都立大塚病院小児科、立川共済病院などに勤務し、一般小児、小児感染症、新生児医療などに従事してまいりました。 お子様方の健康と健全な発育のために、子どもたちの総合医として質の高い医療を目指しています。 お気軽にお声をかけて下さい。

 

●耳鼻咽喉科医


【副院長】菊地 仁(きくち ひとし)

◆診療科:耳鼻咽喉科
・医学博士
・日本耳鼻咽喉科学会認定専門医
・日本耳鼻咽喉科学会
・補聴器適合判定医(相談医)
・騒音性難聴担当医
私の専門領域は「内耳(耳の奥の方にある、聞こえに関わる器官)」ですが、聖マリアンナ医科大学、昭和大学での20余年は、内耳に限らず、耳鼻咽喉科全般の診療に携わってまいりました。  「これは耳鼻科の病気かな?」と受診を迷われていることでも、どうぞ、お気軽に御来院なさって下さい。 患者様の目線に立って、分かりやすい言葉で丁寧に、所見や検査結果、診断、治療方針を御説明できるように、心がけて参ります。 疑問に思うことが御座いましたら、遠慮せず、何でもお気軽にご相談下さい。

 

●漢方内科医


稲木 一元(いなき かずもと)

◆診療科:漢方内科
・一般社団法人日本東洋医学会 代議員・監事
・日本内科学会認定医
・日本東洋医学会認定 漢方専門医・指導医
・日本赤十字社医療センター内科漢方外来担当(非常勤)
・東京女子医科大学東洋医学研究所講師(非常勤)
1951年生まれ。東京都出身。千葉大学医学部1978年卒業。日本赤十字社医療センターで研修後、おもに循環器内科で勤務。しかし、漢方に惹かれて漢方専門医に転進。日本漢方医学研究所付属渋谷診療所副所長などを経て、2015年4月より田村クリニックに勤務。 漢方は叔父である元日本東洋医学会会長・松田邦夫に学生時代から指導を受けています。漢方薬には身体に自然に備わった自然治癒力を助け、体のバランスを回復する効果があります。老若男女を問わず、虚弱体質や冷えによる病気や症状に向いています。これが漢方の魅力です。漢方医学と西洋医学それぞれの長所を生かすことで、より健康で長生きできるのではないでしょうか。

所在地・ご連絡先

医療法人社団めぐみ会
多摩ガーデンクリニック

〒206-0033
東京都多摩市落合1-35 ライオンズプラザ多摩センター3階

地図・アクセスへ

TEL:042-357-3671(代表)
TEL:042-357-0501(小児科専用)

GoogleMapへ