診療案内

  1. 多摩ガーデンクリニック
  2.  

  3. 診療案内

鼻の症状

鼻がつまる/鼻水がでる/鼻血がでる/においがしない
くしゃみがでる

よくある鼻の病気


アレルギー性鼻炎


鼻の粘膜が、外から侵入してきた特定の物質(=アレルゲンと言います)にアレルギー反応を起こし、発作性のくしゃみ、水っぽい鼻水、鼻づまりの3つの症状(=アレルギー鼻炎の三徴)を主訴とするアレルギー疾患です(鼻以外の症状として、眼のかゆみ、異物感、涙目、のどの違和感などを合併することがあります)。

アレルゲンは以下の2つに大別できます

1)通年性のアレルゲン 一年中、アレルゲンが存在し得るもので、ダニやホコリ(ハウスダスト)、カビ、ペットの毛、昆虫(ゴキブリ、ガなど)が代表的なものです。 (季節によって、症状が強く出やすい時期、出にくい時期が異なります。)

2)季節性のアレルゲン スギ、ブタクサなどに代表される様々な花粉です。単に「花粉症」という場合は「スギ花粉症」のことを指します。

【検査】
アレルギー性鼻炎が起きていると、鼻水の中にアレルギー反応により「好酸球」という物質が多く含まれるようになります。これを綿棒などで採取して検査します。検査は簡単にできますが、結果に個人差や内服薬の影響が出やすく、また「アレルゲン」を特定することは出来ません。 アレルゲンを特定するには、現在では「血液検査」による方法が精度も高く、一般的に行われています。アレルゲンの特定により、治療方針が決めやすくなります。 他に、アレルギー性鼻炎と一緒に他の鼻の病気(副鼻腔炎など)を合併しているか?確認するために、鼻のレントゲンを撮影したりファイバースコープで鼻腔と副鼻腔の関係、状態を確認します。

【治療】
アレルギー性鼻炎の治療の原則は、原因である「アレルゲン」の回避、除去です。アレルゲンを吸い込んだり、接触しなければ、諸症状は出ません。完全に回避することは難しいですが、可能な限りアレルゲンと接触しないことが大切です。 (アレルゲンを特定するためにも、血液検査は望まれる検査です。) 通年性のアレルゲンであれば、こまめに部屋を掃除したり、布団にダニが付かないようにしたり、ゴキブリなどの害虫駆除を行います(空気清浄機も効果的です)。 季節性のアレルゲンであれば、外出時に専用のマスク(→眼の症状が強い時は専用のゴーグルなど)を使用したり、帰宅時に服に付いた花粉を除去したり、花粉の多い日の外出自体を控えたりします。 これらを徹底的に行っても、症状を抑えきれないことがあります。 その場合は、薬による治療や手術の対応が必要になります。

1)薬による治療

体にとって有害なアレルギー反応を取り除くための薬で、内服薬や外用剤(点鼻薬、点眼薬など)があり、種類もたくさんあります。 基本的には「アレルギー性鼻炎診療ガイドライン」の治療方針に沿って、使う薬を選ぶのが一般的です。 (正式には、毎日の鼻の症状を日記(=鼻アレルギー日記)に付けて、病気の程度を判断し、使う薬を決めるのが望ましいです。)

2)外科的治療(=手術)

●当院ではアレルギー性鼻炎レーザー手術を行っています(手術日は火・金曜日の10:30とります)。

●レーザー手術は事前に医師による事前診察・検査(手術適応判断のため)を受けて頂く必要があります。医師の判断で手術ができない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

※完全予約制のため、受診・相談希望の際は、お電話または窓口でご予約ください。

 

薬をあまり使いたくない方、薬の副作用が出やすい方は、外来でレーザーによる鼻粘膜焼灼術の選択もあります。比較的短時間(焼灼時間は両側で10分程度)の手術で、手術後の日常生活への影響も少なく、手術中・手術後の痛みや出血もかなり少ないです。手術後の効果の予測や、手術が受けられるか?の判断には事前の診察・検査が必要になります。御希望の方は、お気軽に御相談下さい。 鼻粘膜の腫れが強かったり、鼻腔がかなり狭い場合は、鼻の通りを根本的に治す手術(要入院)が必要になります。

3)アレルゲン免疫療法

①と②とは根本的に考え方の異なる治療法です。 原因となるアレルゲン(スギ花粉など)を少量から体内へ投与し、徐々に体にアレルゲンを慣らしていくことで、最終的にはアレルギー症状を改善するものです。この方法が唯一「根本的な治療」が可能です(但し、必ず効果が出るとは限りません)。 現在、アレルゲン免疫療法にはアレルゲンの投与経路から、2つの方法があります。

①皮下免疫療法

従来より行われてきた一般的な方法で、現在は「スギ」用のもののみが正式に認められています(→ハウスダスト用も存在します)。皮下にアレルゲンを注射し徐々に濃度を上げていきます。治療を開始してから暫くは1〜2週毎に通院して注射を受けなくてはならないこと(→その後も間隔は空きますが定期的な通院が必要です)、個人差はありますが治療を完了するまでには2,3年を要すること、非常に稀ですが注射による副作用が強く出た場合は緊急処置が必要になることなどの欠点があります(実施している医療機関は限られているのが現状です)。※当院では行っておりません。

② 舌下免疫療法

今シーズンのスギ花粉症舌下免疫療法の受付は11月末まで、初回実施は12月10日までです。次回は2017年6月ごろから予定しております。また、2016年1月より、ダニの舌下免疫療法を開始しました。詳しくはお電話でお問合わせください。

 

●当院でのスギ花粉舌下免疫療法は、12歳~64歳以下の方を対象とさせて頂いております。

●スギ花粉症の舌下免疫療法と、ダニの舌下免疫療法を同時に行うことはできません。

完全予約制のため、ご相談・御受診希望の際は、お電話または窓口でご予約ください。

 

皮下免疫療法のデメリットである、頻繁な通院、注射時の痛み、強い副作用の可能性を軽くするために、治療薬を「舌下(=舌と下あごの間)」に投与する方法です。初回は医師による説明が必要ですが、その後の通院頻度は少なく、①の皮下免疫療法に比べて強い副作用が少ないようです。 効果については、①と同等か、やや劣るとの報告もあります(→データにも依りますが治癒率6〜7割)が、保険適用が認められ、より身近に行える治療になりました。 (現在はスギ花粉症と、ダニアレルゲンによる通年性アレルギー性鼻炎のみが保険適用です。当院では、処方の資格を持った医師が対応します。詳しくはお尋ね下さい。)



副鼻腔炎


「鼻」の周りを取り囲むように、顔の骨の中には、「副鼻腔」という空洞があります。それぞれの副鼻腔は、細い孔(あな)を介して「鼻(=鼻腔)」とつながっていて、空気の出入りをしています (副鼻腔自体の働きは現在もよく分かっていませんが、いろいろな説があります)。 副鼻腔の中に炎症を起こすものが「副鼻腔炎」で、俗称として「蓄膿症」と呼ばれることが多いです。副鼻腔炎で代表的なものは「急性副鼻腔炎」と「慢性副鼻腔炎」の2つです。

1)急性副鼻腔炎は、鼻風邪などをきっかけに起こることが多く、色のついた粘った鼻水や鼻づまり、鼻水がのどへ回ってくる(=後鼻漏と言います)、頬や額の痛み、頭痛、頭が重い感じ、発熱などが見られます。 また、「(上の歯の)虫歯」が原因で起こる急性副鼻腔炎(=特に「歯性上顎洞炎」と言います)の場合、歯の痛みを伴うことが一般的です。

2)慢性副鼻腔炎は、「副鼻腔炎」の状態が3ヵ月以上続くものとされ、一般的に頬や額の痛み、発熱が見られません。鼻づまりや臭いが分かりにくかったり、後鼻漏を主訴にされる方が多いです。 経過が長くなると、副鼻腔の粘膜が厚くなって、それが鼻腔内へ飛び出てくる(=鼻茸、鼻ポリープと言います)ことがあります。

【検査】
鼻の中の視診(→ケースにより、副鼻腔と鼻腔の関係をファイバースコープや硬性鏡(=金属製の細い内視鏡)で確認)が大事です。 鼻水の細菌培養検査を行い、どんな細菌に感染しているか?を特定します。 また、副鼻腔炎が「骨の中の病変」であることから、画像検査(レントゲンやCTなど)も望まれる検査です(当院ではレントゲンとCTは、すぐに撮影し、診断することが可能です)。

【治療】
急性副鼻腔炎は「急性の病気」で、一般的には「細菌の(局所)感染」が原因です。現在は「急性鼻副鼻腔炎診療ガイドライン」という治療方針に基づいて薬を決めて治療するのが一般的です。 慢性副鼻腔炎については、まだ「ガイドライン」が出来ていないため、「病態」を改善するための治療が行われます。一般的には、ある種の抗生剤(=マクロライド系抗生剤)を少ない量で継続的(2、3ヵ月)に内服する治療が行われ、一定の効果が見られます。 鼻ポリープが出来たり、副鼻腔の中の状態がひどいと、内服薬による治療だけでは、効果が期待できないため、手術になることがあります。 CT検査などで、副鼻腔の中の状態を判断し、自覚症状も併せて、手術方針(→鼻ポリープのみを切除する方法〜副鼻腔の中までキレイにする方法まで様々)を決めるのが一般的です。鼻ポリープのみの切除であれば外来で日帰り手術が出来る医療機関もありますが、それ以上の手術は「入院」になるのが普通です。 詳しくは耳鼻咽喉科で御相談下さい。


所在地・ご連絡先

医療法人社団めぐみ会
多摩ガーデンクリニック

〒206-0033
東京都多摩市落合1-35 ライオンズプラザ多摩センター3階

地図・アクセスへ

TEL:042-357-3671(代表)
TEL:042-357-0501(小児科専用)

GoogleMapへ